望月スタイルクラブ

COJについて色々書いてみます

望月の不完全なデッキを晒す回4 ~綺麗事などぬかさない~

こんばんは、望月です。アクセス解析を見たところ、いつもは最も新しい記事へのアクセスが多くなるところですが、どうもエンゲージリングの記事が今も一番アクセスされている割合が高いようです。やはり、そう滅多に見れるものではないからですかね。我ながら、なかなか大きい事を達成したのかもムフーと浸っております。もし、この記事から当ブログを閲覧されたという方がいらっしゃるならば、是非エンゲージリングを買った時のふぇりあのリアクションも含めて、エンゲージリングについてのこの記事もご覧ください。
mstyleclub.hatenablog.com


さて、今回は予告通り、需要があるかも不明な私のデッキを一つ晒します。私がこの度使いたかったカードは、こいつです。
f:id:mstyleclub:20171010200617j:plain
ヴァルドライバー!!

なぜこのタイミングでヴァルドライバーをチョイスするのかというと、今月中には新弾がリリースされるという事なんですが、2.2のSRの中ではヴァルドライバーだけ、まだ一度も触っていなかったからです。
アンラ・マンユアフラ・マズダ、オベロンは最低限使ってみたし、バロールは結構多めに遊びました。で、先月は大会に向けてという意識で対戦しており、悪魔デッキがメインとなっておりました。よって、気付いたらヴァルドライバーだけ自分で使ってない状態だったのです。

ヴァルドライバー擁するデッキで試したかったのは、まず機械ですね。というわけで、大会の次の日10/8は試作型機械デッキで対戦していました。
80p/Bランクの4色機械デッキです。
f:id:mstyleclub:20171010201550p:plain
メカだっくんとかシメツノトクリとか陸戦型キャタピワラシとかも入れたかったのですが、全然スペース足りませんでした。悩んだ挙げ句、用心棒としてエクスカリバー先生を2枚入れて、この形となりました。
勝率は5割弱といったところでしたが、機械3体以上並べて攻めている時が凄く楽しかったです!タケミナカタのトリガーゾーン設置・ヴァイスドラッヘのレベルアップ・ヴァルドライバーの手札戻しによる再利用・・これらが噛み合った時の攻めが、もうとにかく面白い。上記のデッキ構成でも、結構アドリブでユニット出したりヴァルドライバーで手札戻したりを駆使すると、1ターンで数点一気に取ったりはざらでした。もっと突き詰めてみてもよさそうに感じました。

特にヴァルドライバー2体と誰かが並んでいる時なんかは、楽しくてテンション上がってきて、望月の脳内を文章にするとこんな感じになります。
「よし、ヴァルドライバーでハニワ下げて、
ヴァルドライバーでヴァルドライバー下げて、
下げたヴァルドライバーを出して、
ヴァルドライバーが出したタケミナカタをヴァルドライバーで下げて
下げたタケミナカタを出してスピムでアタックだぜヒャッホイ!」
みたいな、もう完全に何言ってんだコイツ状態で、ガンギマリです。

・後攻初手のグラインドビートル+護星合神
先攻初手なら、はにわかバトルキッド出して終わりですが、後攻初手が結構楽しめました。
グラインドビートル+護星合神複数枚や軽減を用いることで、後攻初手でヴァルドライバーを出すのが面白いです。
①軽減ビートル+合神1枚+軽減ヴァルドライバー
②軽減ビートル+合神2枚+ヴァルドライバー
③ビートル+合神3枚+ヴァルドライバー
このいずれかを達成できれば、後攻初手でビートル+ヴァルドライバー+コスト3の何かが並びます!ラウンド1でコスト5のユニットを出した達成感に勝手に酔いしれる選択肢です。
死神かおっさんのスマイルが来たらガッカリですけどね!
相手が赤デッキの場合は、必ずどちらかのユニットは起動で下げておきましょう。そうしないとラーに低出費で瞬殺されてしまい、もったいないです。


・バトルキッド
今まで色んなデッキで相手にしててこずる事の多かったユニットですが、自分で使うと頼もしい限りですね。エクソシスト・インドラ・イシスあたりの消滅に弱いのは仕方ないとして、それ以外に対してはとにかく場持ちがいい。勝てない戦闘を強いられてもカード1枚ひける点も優秀。
赤単もしくは赤黄が相手の際、ヴァイスドラッヘOCによる加護をバトルキッドにつけると、それだけで赤側はライフ取りに行けなくなって止まっている場面というのが何度かありました。バトルキッドに加護付くだけで楽になるんなら、ドクターラボ採用も真面目にありかもしれません。
でもお前、正義感凄く強そうな発言しておきながら、イシスにあっさり寝とられ過ぎなんだよ!紫相手にこの性能を立たせておけないのは残念極まりますね。


・ヴァイスドラッヘ
非常に強いのは間違いないのですが、現環境においては諸刃の剣となりかねない存在。
自分の盤面のユニット全員が機械だという前提で考えると、ドラッヘ1体だけでも出した時点で、全員レベル2以上となります。その状態では、ユニット3体以下であってもジョカで全員死亡確定となります。
また、ドラッヘから後続の機械も続けて出して攻めまくったとしても、試合が終わらなかった場合はレベル3ユニットを何体も残してターンを譲る事になります。現状イザナミがすっ飛んでくる可能性は低い方と言えますが、どのデッキにも出張させられてるギルガメのレベル3破壊が、もろに刺さってしまいます。この点をどう考えるかですねー。
私がドラッヘの取り扱いについて考えた解答は以下です。

①ドラッヘ使って攻めて殺しきれない時、次の相手ターン生き残るために整理整頓か冥護の領域を採用する。(タケミナカタの能力があるので、そこまで難しくはないかと)

②そもそも機械デッキは守りきる性能が優秀な訳ではない。ドラッヘ出した時には殺しきれるように殺傷手段の方を突き詰める

次にドラッヘを投入する際は、このどちらかの方針に基づいてデッキ編集することになるでしょう。


今回はここまでです。閲覧頂き、ありがとうございました。