望月スタイルクラブ

COJについて色々書いてみます

悲しみを乗り越え、11/21を迎えた望月

今日、千ラ行ったら「元気出して下さい」と2回くらい声をかけられた望月です。ブログの方でもドンマイケル的なコメント頂きまして、ありがとうございました。まぁ、時が解決してくれるでしょう。それにしても、コスト4以下だと良い路線変更ルートってあるのかな・・いや、あるっちゃあるんですが、他の戦術を捨ててまで投入するほどの価値があるかって意味です。


では今日は、昨日の記事で個別に見ていった11/21からの調整内容について改めて考察していくとしましょう。
まず、調整内容を分類すると、以下のようになります。

①純粋な下方修正
大いなる世界
ヴィヴィアン
文明崩壊
グレイブガーディアン
収奪のトリニティ
至上のコレクター
路線変更

②マイナスもあるが、プラスもあると解釈できる
ブッシュファイター
なすカウ
アラクネ

③純粋な上方修正
ストロベリーガール
レモンガール
ブルーベリーガール
メロンガール
グレープガール
邪龍アポピス
爆撃獣カーバンくん
アリアンロッド


③を見ていただくとわかると思うのですが、今回の調整においてはいつぞやの信長ほどにパンチの効いた毒素の強い上方修正ってものがない。つまり、環境に影響を及ぼし新たな強いデッキを誕生させうる要素は無いと言ってもいいのではないかと。
個人的見解で恐縮ではありますが、今回の最も大きな上方修正はグレープガールでしょう。紫単に組み込んだ時に期待できる貢献度・実用性は、上に挙げている他の上方修正組の輩よりも明らかに頭半分と5cm位は抜けているでしょう。しかも今は8p付きます。次のランキング更新までの間は、後攻初手グレープガールから始まるタイプの紫がやや多くなるのではないかと予想。よって、いつもより意識して各個人が紫対策と思っているカードを少し入れておけばいいのではないかと思います。(絶体絶命、死神のランプ、フェンリルなどなど)
他の上方修正のメンツを見ると、プラス方向の変更が加わったというだけで、今回の調整をきっかけに姿を見る頻度が高くなるようなものは特に無いかと。

そうなると、下方修正組に必然目が向くわけでして・・今までできた事ができなくなった事を悼むような感じになりますね。
今日イベント戦をある程度やって感じたのは・・

・大いなる世界:緑連撃は、やはりまだ多目に見ます。そして、世界を発動される事は当然ながら極端に減り、ロックされて死亡というのは、ほぼ無くなったと言ってもいいかな。

・文明崩壊:捨て札15枚というのは、かなり響きます。普通のデッキだと、捨て札15枚以上になるのって、かなり後半戦ですよ。
文珍がそうですが、勝つまでの過程で文明崩壊を打つ事が前提のデッキにおいて直面する問題は「文明崩壊を何枚入れるか」です。
1枚だと、ユニット引ききった時に文明崩壊を引けてないという事態になる確率が高くなり、立ち往生しかねない。
2~3枚だと、一回文明崩壊させて次に捨て札15枚になるほどデッキを掘り進めるにあたり、文明崩壊が溜まったら邪魔になって、これも立ち往生しかねない。
今後のこのカードの活躍可否については、少し様子見し検証要。

・至上のコレクター:もう1デッキ1枚しか入らないでしょう。もう発動できるタイミングが掘り出し物と大差ない。そうなるとエクリプス選択の恩恵がなくなる→冥札再臨の立場復活→今は再臨6p!使うぜ!ってなる人も多くなるかも。



以上から総括しますと、以下の3点が言えます。
①新たなトップデッキが生まれるような調整ではなかった。
②パワーは落ちてもアトゥムとブリが変わってないので、緑連撃はまだまだ存命
③ただし、緑連撃の数は減ると思う。その分増えそうなのは、赤メイン系・紫・ハンデスになるのではないかと。

今日イベント戦も少し戦って感じた事は以上です。ちょっとまとまり無い文章になってしまいましたが、今回はこれにて失礼いたします。閲覧ありがとうございました。