望月スタイルクラブ

COJについて色々書いてみます

ビキニイベント星250達成! 望月のリリスデビュー(前編)

押忍!望月です。別にビキニが好きなわけじゃないですが、ビキニイベント星250まで獲得してきましたー!ビキニが好きってわけじゃないですが。

今回のイベントのルールは既に皆様承知の通り、「ターン開始時に自分の全ユニットにランダムでバトルアイコン付与」です。過去にも一回、1体だけですがアイコン付与イベントありましたね。これ、プラスの効果のアイコンだけならいいんですけど、進化禁止やら特に沈黙やらマイナスのアイコンも全部含めた中からのランダムなもので、明確な対処のしようが無いんですよね。
なので、今回のイベントは「こういうルールなら、普段使う事の無いこのカードが活きるぜ!」みたいなのは一切考慮せず、アイコンの件はアドリブで凌ぐとして、通常運用に則ってデッキを組みました。

で、せっかくランキングもデッキポイントも関係ないので、普段の自分では使わないけど気になるカード・デッキにしてみました。主役はリリスです。
リリスと言えば、初登場から約半年間は環境を支配し、弱体化して愛用者から「何してくれてんねん」と言われながらも、いまだに0p帯から抜ける事は一切無い超人気お母さんです。リリス登場当初に少しだけ私も触った事はあるんですが、どうしてもランダム4枚トリガーゾーンに刺すという能力を、自分が使う分には受け入れられなかったのです。ネガティブな私の思考ではどうしても「どうせ自分が使った時に限り、一番大事なカード3枚ともトリガーに刺さって割って負けるんや・・」という方向に考えてしまい、リリスを発動させる前向きな気持ちが持てなかったのです。

じゃあ、今回なんでリリスを選んだのよという事になりますが、このカードの追加があったからです。
f:id:mstyleclub:20171124195614j:plain
運命の装填(策略の装填は一切使用していないので、この記事では運命の装填を「装填」と略します)
特番でこのカードの能力を見た時から「このカードがあれば、自分のメンタルでもリリス使えるかも!楽しめるかも!」と、ワクワクしていました。リリスやマモンがデッキから持ってきてトリガーゾーンに刺したカードから1枚選んで手札へ + 相手ターン中ならもう1枚。選ばなかったカードはトリガーゾーンに残るという違いはありますが、黄色タウロスとやってる事は似てるかなーと思ったり。
とにかく、これがあればある程度はトリガーゾーンに刺さったカードを手元に持ってこれて安心できるな、と思っておりました。結果・・

リリス、超楽しかったです。

ダメージ3000の今でもこれだけ楽しめるならば、5000ダメージの頃は本当に皆さん楽しんでおられたのですな。まだラーがいない頃、私が先攻初手でサラマンドラ出すだけで大抵の赤デッキは止まっていましたが、そういうリスクがあっても楽しいから皆リリスを使っていたのですね。


いざ、リリスと運命の装填を3積みして挑んだ最初のデッキは、この捻りの欠片も無いDランク/26p赤単。
f:id:mstyleclub:20171124172838p:plain

一部カードについて述べていきます。

・ロビン
トリガー破壊要員として、盤面に立って睨みをきかせるような存在。また、2コスBP5000であり、マコよりも先攻初手の適性があるとも思いました。先攻初手でユニットカードをトリガーゾーンに刺して、相手がトリガーゾーン無しで終わるようなら、そのまま軽減に回せばよろし。
また、リリスがデッキからトリガーゾーンへカードを一気に持ってきてくれると、トリガー破壊用カードが補充された事になります。ロビンはやはりリリスと組ませるのが最も噛み合っているかと。たまに獣デッキで採用されているのを見ますが、トリガー破壊を何度も行うにあたり手札のカードをトリガーゾーンに刺して破壊しないといけない場面が多いようで、燃費がいいようには見えませんでした。


・真夜中の蜃気楼
マジのガチで鬼畜なカード。赤レイアと信長の地位をさらに高める要因になっていると解釈していいかと。
ザ・クソゲーにするためにも3積みしたいー!が、アタックする人+アタックできる場面ができなかったら発動できないままになるリスクというか手札事故的な事を考えると、自分のメンタルでは2枚が限界。千ラにてお話させて頂いている方の中で赤の経験値の高い上手いお方がいらっしゃいますが、蜃気楼3積みされて相手を蹂躙しておるのを見ると、赤の経験値の差がでてくる部分だなーと痛感します。


・ベリアルさん
あんまり仕事できず。ガイアの方がまだ働けたかも。


・サイレンスビロウ
めっちゃ久しぶりに使いました。これだけはイベントルールを意識したチョイス。不滅やら何やら諸々付きすぎてどうしようもないクリーチャーが相手側にできてしまった時の能力封印用。ですが、普通にビロウ→シヴァでの横の除去による盤面処理は強いの一言で、頼りになるジョーカーではありましたね。



・・で、上記鳳凰も入れてない赤単ではマッチョな秩序持ちとかアンラ・マンユとか、処理が無理な輩が結構多かったです。序盤に一杯ライフダメージ取れてリード出来てれば、アスタロトでガード不能にして試合終わらせるのですが・・。
イベント戦なんで、欠陥部分があるのは割りきって、どうしようもない相手の場合は潔くさっさと死んで次へ行くつもりでいました。それでもアンラ・マンユとミューズがかなりうざかったので、この赤単は星90個くらいでやめて、エクソシストのお兄さんを雇うデッキに変更しました。

この記事でエクソシスト採用型のデッキも晒すつもりでしたが、ちょっと時間が厳しくなってまいりました。なので、今回はここまで・明日に続きを書く事にいたします。ここまで閲覧頂き、ありがとうございました。


※今回のイベントの最終戦績(スターブースト一切利用無し)
f:id:mstyleclub:20171125005237j:plain