望月スタイルクラブ

COJについて色々書いてみます

12/6から、また新たなる世界也

こんばんは、望月です。

皆様がこの記事をお読み頂いている頃には、青鎌マンユも5色ヴィヴィアン五右衛門もやり納めが終わった後となりますね。
もう、CP増加手段無しでは後攻初手~先攻ラウンド2で青鎌マンユ打てなくなりますな。・・ああ、でも先攻ラウンド2なら、【先攻初手軽減ブルーベリーガール→ラウンド2軽減メフィスト】で何とか出せるか。特殊召喚するユニット絞るの難しそうですが・・。

あとは、5色ヴィヴィアン+何かでワンショット的デッキも姿を見せなくなる事でしょう。この手のデッキは、やられている側は何もする事無いまま時間だけが過ぎ去る上に殺されてJPも下がる事から、憎しみとか憎悪とかヘイトとかっていう負の感情(どれも同じ意味)の増幅装置になってしまいます。
ですが、カードが山盛り手に入って好きなカード取れて、準備が整ったら盛大に殺しにいけて・・という感じで、使っている側はとても楽しいものです。格ゲーでもそうなんですが、やられている側が「クソゲー」と罵る行為は、やっている側は楽しいものなのです。自分が「良いゲーム」と言いながら相手をぶっ殺した後に、同じ行為で相手にぶっ殺されている時には真顔でor笑顔で「クソゲー」と言い放つ。これがゲームであり、これが真理です。
よって、おそらくこのクソゲーが楽しめなくなる前に、さぞ12/5は青鎌と5色ヴィヴィアンが大量に発生していた事でしょう。リプレイでも5色デッキはいましたが、なんだあの頂上決戦の公開処刑は( ゚Д゚) ファラオ一気に三人並べて、コスト1ユニット数色並んだら弱肉強食で食い潰して終了とか、完全に「オレ、ヴィヴィアン、ユルサナイ」という決意が滲み出ていました。
まあ、確かにそうですわな。何のメタ要素も装備せずに全国対戦に潜り込んだら、実はそこはスネ夫の家で、「悪いな、のび太。このゲーム、一人用なんだ。」と言われて、スネ夫のデッキ回しだけ見せつけられて殺されるくらいなら、ドラえもんの道具でスネ夫を殺害するか、その一人用ゲームができなくなるまで鳴りを潜めるか・・という選択肢をとる人が出てくるは必然。12/6まではメタ重装備で挑むか、対戦をやめておくか・・この両方がいらっしゃった事でしょう。




さて、そんな経緯を経て始まる12/6からの環境がどうなるのか・・今回の調整は下方修正のみであるため、全く新種のデッキが新たに台頭するというのは考えにくい。私の推測としては、以下のデッキが使用率高くなりそうと見込んでおります。
①結局パワーがそこまで落ちきった訳ではないと感じれる緑連撃 テイスティングとエクリプスを添えて。
②最近リプレイでは頻繁に姿を見るようになっている選ばれ黄単 大体ジョカかリッパーをタッチ採用
③BPは下がったけど、序盤においては「だから何?」って言えるくらい影響少なそうな信長に特攻してもらう事から始まる赤アグロ タッチでホルスorマンユorガジガジ
④中盤くらいには爆裂な手札アドで盤面も含めてマウントとって封殺する狙いの、大航海ヒュプノスハンデス
⑤オベロン→ゲージ溜め→そびえよ塔→ルシファーみたいな、はまれば簡単に人を殺せる紫単

今までの流れから、深読みせずにどストレートに考えれば上記5種がメイン=仮想敵とすべき輩じゃないですかねー。2、3日くらい全国潜って体で感じてくるしかないですが。

あ、ちなみにブッシュファイターさんが2コスになってから、鍛冶神ヌトを少しやってたんですけど、やはりメインの殺人兵器となるブッシュさんの1コスト増量は響きますねー。物とCPが揃えば今までのように蹂躙できる場面も当然ありますが、CP1の差のために殺しきれない・もしくは殺しきる材料揃うまで1ターン長く待たないといけないなんて事は多かったかな。上位のヌトマイスターの方々はどのようにお考えなのか、その動向は気になるところではあります。私個人の感触としては、今敢えてヌトを選ぶ程の魅力・特化した強さを感じきれなくなっているように思いました。

12/6、実際に現場に潜る前に思うところはこんなものですかね。さあ、最強決定戦本選まで約10日。この環境で各々の思いをぶつけ合いましょうか。このブログの読者のお方でマッチングされる事がありましたら、全力で楽しみ殺しあいましょう。よろしくお願いいたします。