望月スタイルクラブ

COJについて色々書いてみます

信長さんの1000ダメージなんて、なんくるない・・事はなかったorz

ボンジュール、望月です。(いつもと違う挨拶にしたかっただけ)
今日は全国対戦に赤緑狂戦士デッキで挑んできました。で、その中で起きた悲劇について報告もさせて頂きます。

使用したデッキはこちら。調整入ったのに、性懲りもなく路線変更を織り混ぜてみた試作型です。あくまで試作型です。Bランク/80p。勝率は5割ちょっとでした。


f:id:mstyleclub:20171211232601p:plain


では、各カードについてコメントしていきます。

・ティアマト
リリス軸の赤デッキ、緑連撃、紫の中盤以降横に並んだ所を始末する役目として投入。


・セイヤー(スサノオ2枚)
デッキ全体を見て頂くと分かって頂けると思いますが、フィニッシャーみたいなのとか速い奴が一切いないデッキなので、せめて彼に貫通付けてライフダメージ沢山取ってもらおうと思ってかなり久々に投入。ん~、仕事完遂できると気持ちいい~。


ハヅキとヴィシュヌ
少し前に(今はできなくなった)路線変更ヴィシュヌ→ヌトデッキを使っていましたが、その時にヴィシュヌの強さと言うか、青とホルスと稀にかっとんでくる鳳凰以外に対しての安心感が非常に強かったもので、今回も投入。ハヅキは主に序盤にヴィシュヌをひくまでデッキを掘るだけの女としか見ていません。
ギルガメも1枚は入れようと思いましたが、後述の路線変更の妨げとなるため、今回は不採用。
やはり、今回もヴィシュヌが立ってくれていて凌げた場面は一杯ありましたね。頼りになるイケメンです。


・アトゥム
説明いる?いらないですよね。


・緑アクエリアス
合間合間にデッキを掘り進めて頂くための人。そして、アトゥムアクエリアスは私の中では正義。
あと、試作型とは言え自分のデッキ構築に難があっただけなんですが、このデッキでレベル2以上ホルスのパンチを受け止めれるのは、ターミネートorセイクリッドで強化したアクエリアスのみだった。


フェンリル
厄介な輩の除去係兼、紫のインターセプト展開の妨害係。ティアマトが仕事できない場面は、大体フェンリルの方が機能する。


・虹キャン2枚
黄単、エエモンオイテマッセ擁する赤黄アグロが多いので、その対策を意識して投入。ただ、トリガードローがいないので、気持ち程度の位置付け。
あとはティアマトに不屈をつけるのも、いと面白き。


・紅蓮の命
大体ティアマトを出す時に、相手のトリガーゾーンから殺意を感じる時にさしこむイメージ。


・不可侵光壁
テイスティングとか戦闘補助使われる機会が増えてるように感じるので、1枚は入れた方が良さそうと判断。入れておいてよかったと思える場面は何度もあった。


アイヴィーバインド
アンラ・マンユを着地させたくない。アフラ・マズダを着地させたくない。あと、リリスも信長もライドラもアトゥムもブリも・・。という気持ちから3積み。


・ワガケンポウミイッタカ(クンフーマスター2枚)
防御をこなしつつデッキを掘り進めてもらう。やはり相手の計算狂ってるんだろうな感溢れる防御手段であり、大変気に入っております。




ケルベロス、マジカルなっくる、夏空のマリーナ、路線変更
このデッキの主役と言うか、私がこの度やってみたかった戦術です。

路線変更ルートは一つだけ。
マジカルなっくる(+マリーナ特殊召喚)→ケルベロス です。
ケルベロスが相手の死んでほしいユニットを走らせて、マリーナがブロック=緑インターセプト2枚ドローやったね!となります。
路線変更が無かった過去には、なっくるマリーナ出してから、後のターンでケルベロスが出せる時にマリーナが生きてれば達成できた事なんですが、路線変更使うと、マリガン頑張れば後攻初手で実現できます。さらにラウンド2でなっくるかマリーナを引いて、レベル1マリーナでのブロックを2回達成できれば、緑インターセプトほぼ引ききった事になり、後の手札事故の確率も減るというものです。

そして、路線変更を発動するとなっくるはデッキに戻ります。マリーナが引いてくれたクンフーマスターやアトゥムアクエリアスなどでドロー頑張っていけば、後半にはなっくるが手札にレベル3で出来上がるなんて事も何度かありました。

この【なっくるマリーナ路線変更ケルベロス】は、かなりの戦果を上げる事ができましたし、一連の流れがとても気に入りました。今後も赤緑でデッキを組む時のベースの一つにしてもいいかなとも思いました。イザナミさんはお願いですから自宅待機していてください。


で、このケルベロス+マリーナで相手のアタックを受けて立つにあたり、思いもよらない悲劇が起こりました。マリーナvs信長について報告いたします。

私の考え・計算では、信長がレベル1マリーナに対して1000ダメージ与えつつアタックしてきたのをマリーナがブロックすれば、以下のようになるはずです。

信長:BP4000+アタッカーでBP2000アップ=BP6000
マリーナ:レベル1/BP6000で1000ダメージ受ける。しかし、ブロックする事でレベルアップしダメージ帳消しにして、レベル2=BP7000になる。
戦闘:信長BP6000 対 マリーナBP7000 よってマリーナ勝利!レベル3になって、もう1枚インターセプト引いてハッピー。

・・のはずでした。悪夢が起きました。

なぜか、信長の1000ダメージ分のマイナスがマリーナのレベルアップ後も残っており、マリーナはレベル2/BP6000でブロックをする羽目になりました。インターセプト1枚引いて相討ちです。よって、ケルベロス+マリーナ(両者ともレベル1)で信長を受ける際は、信長が1000ダメージをマリーナに食らわした場合はケルベロスで受けないと、二人で生き残る事ができません。
ぐ・・ぐぬぬ・・魔王の力は強大だから、たかが1000ダメージでも体に深く刻まれて、レベルアップしてもなお残ると言うのか・・







なんて納得するわけがねえ!!





うん、まぁ・・バグですよね。こちら先攻初手ハヅキ→相手後攻初手信長をブロックでやり過ごす→なっくるマリーナ路線変更ケルベロスでマリーナが受けて大勝利!と思いきや、謎の相討ちですよ。もう、リアルに(;゚Д゚)ってなりましたよ。今日1日で2回体験したので、私が疲れていて見間違えたとかじゃないです。

少し前にリザードルードの10000ダメージがターン終了しても治らない不具合がありましたけど、それと同類かな?でも、10000ダメージなんて大体は死ぬし、何よりリザードルードなんて誰が何の趣味で入れるかもわからないマイナーの極みのモブですから(失礼極まりない言い方)、あれはそんなに気にならなかったのですよ。信長って、今でも第一線で頑張ってる人ですよ。対策も必死に練らないといけない対象の一人ですよ。そこで、この本来起こるはずではない挙動があるのは何とかしてほしいなぁ・・。まあ、マリーナ位しか影響受ける人いないかもだけど、ちょうどかなり重要な境界線で問題が起きてしまっているのが何とも・・。


以上が12/11の望月の全国対戦の報告です。今回はこれにて終了です。閲覧頂き、ありがとうございました。