望月スタイルクラブ

COJについて色々書いてみます

7/5ランキング更新チェック・・のはずが・・orz

こんばんは、望月です。
今回は7/5ランキング更新チェック・・なんですが、執筆中に事故が起きましてですね・・
途中で寝落ちした、まではよくある事なんですけど、その際に下書き保存をしていないまま寝てしまい、どうもBackSpaceキーに指が触れたままになってしまってたようで・・その・・4p帯くらいまで書いた内容全部消えてしまった状態で朝になっちゃったのです。
望月のバカめ、疲れてやがるなーウケケと笑って頂いて結構ですよ。
とゆーわけで、今回は申し訳程度にジョーカーランキングとカードランキングの0p帯だけを見て記事は終わりにします。次の記事で残りを書きますので!マジ不甲斐なくて申し訳ないです。



ジョーカー

0p帯

2位:ルインリード
今までは珍獣デッキ、リリスエンジン搭載赤デッキの標準装備ジョーカーでした。
それに加え、現在の環境におけるトップに君臨していると言っても過言ではない、アトロポス+ガープのインセプコンデッキにおいて、ルインリード+ソウルエクスキュージョンというジョーカーチョイスがほぼ固定になった事が、ここまでの順位アップに繋がったのでしょう。インセプコン関連の調整でも入らない限りは、この位置は変わらないかもしれないですね。



9位:威気衝天の籠
やはり0p帯まで上がってきたか。皆様もあの中華娘の顔を見ない日というのは、最近はまず無いのではないでしょうか?
新しいカードとのシナジーで言えば、やはりケット・シーが筆頭でしょう。それ以外でも、適当にそこそこのBPの奴に付けるだけでも「1点取るマン」になれるし、ブリュンヒルデケアにもなる。これがゲージ小/CP0で打てるなんて、ワンダフルにも程がある。下手したら、今回のランキングで再び10p帯に落ちているという低迷が目立つターミネートコマンドの霊圧を消し去ってしまうんじゃないかとさえ思える。



2p帯

14位:フェイク×メイク
前期は明らかにヘブドラデッキで採用されなくなっていましたが、それでもこんな高い順位に残ってんのか。私は対面から使われたのは1、2回くらいしか無かったですが、どんなデッキでここまで使われていたのか?
そして今期は2pがつく。この2pを理由に、再度ヘブドラデッキに入れる人はどれくらいかいるでしょうか?今後の動向が気になるジョーカーではあります。



17位:ヘレティックスカー
順位up。おそらくは赤緑獣パーシヴァルアグロで、威気衝天とともに選択する方々がそこそこおられたからではないかと。アグロデッキではとっとと8点取って終わらせたい気持ち満々でしょうが、てこずる時もあるでしょう。そういう時のために「6点取れば勝ち」という能力が盤面に関係なく打てるのは強い。
今後も選択される可能性は、そこそこ高いのではなかろうか。



4p・6p帯

特に何も気になる物は無かったよ・・本当だよ。もし「これをピックアップしないなんて、何考えてやがんだメーン?」ってのがあったら、是非挙げて頂きたいです。


10p帯

45位:エイミングクラッシュ
二回連続の順位up。とは言っても、使用ポイントがほんの数十ポイント変わっただけですが。環境に変化をもたらす程の物ではないでしょうが、最下位から脱出したのが嬉しいのでピックアップしただけさ。





カード

0p帯

4位:闇神・ツクヨミ
6位:マキガイさん
7位:神令のマスティマ

3人とも順位up。ツクヨミは進化でありながら、5位のホルスをも越えた=神々の争いに勝利した。
やはりツクヨミマスティマの沈黙+全体除去の存在はすごく大きい。青をそこそこ入れるデッキならばツクヨミマスティマを入れる方々は多いでしょう、と言うかもう必須でしょう。青単でなくてもツクヨミマスティマが入れられるであろう事から、ツクヨミがマキガイさんを越えるという事態にもなったのではないかと思います。



13位:魔性のペンダント
14位:彩光の羽ばたき
15位:アトロポス
20位:魔界総統ガープ
24位:魔法天使レリエル
47位:魔導結界
52位:乱撃のテトラ

インセプコンデッキの主要パーツが、全て順位up。しかし、同じインセプコンデッキのパーツである蘇活の詠唱のみ、82位へ順位down。しっかりデッキ回していれば、蘇活は以前よりも少なくていいかーと思った方々がおられたのかもですね。
かなり順位が上がったなと納得なのは、47位:魔導結界。やはり加護があれば、ミラー対決とかアポピスが出てくるターンとかにおける、アトロポスレリエルの生還率が格段に上がる。盛大に殴った後にブリュンヒルデにも寝とられない。今はもう魔導結界は、インセプコンデッキの標準装備と認識されているように思えます。



22位:のろいのはにわ
31位:フープエンジェル
39位:レヴィアタン
49位:甘露なる苦汁
54位:邪龍アポピス
58位:天然魔道士ミーナ
65位:流精ティターニア

全て順位up。前期まではミーナだけが1p帯だったのですが、紫単=オベロンが減ってきた事で元気を取り戻したご様子。
完全に、インセプコン・アポピスが環境のツートップである事がよく分かるランキング結果となっていますね。



26位:英霊ペンテシレイア
ガープに順位を抜かれたのは仕方ない。あの人、強すぎるもん。
でもペンテシも十分な凶悪性能。これくらいの順位から動く事はなさそう。



28位:シメツノトクリ
大幅順位up。これはもう必然。インセプコンの最大の難敵となる加護マッチョを、いともたやすく無力化して立場をわきまえさせる事ができる。相手側の盤面を整理してから打たないといけないとは言え、こんな大きな仕事が1CPでできるのが破格。インセプコンでも青単でも大人気になるのは仕方ない。



33位:時女神アイオーン
順位さらにup。重さよりも、後半戦でポンっと出すだけで相手盤面が崩れ去るのがシンプルに強い事が評価されたか。特にアポピスデッキからライフアド取られてる時に出されると、デッキにもよるが絶望に近い状況になる。
また、ブラフマーから出てくる事もあり、アポピスではない青単でもちゃっかり採用されている。
あとはやっぱアレか?イラストアドか?・・まぁともかく、自分の盤面が残っている時に相手を全滅させれれば強い。そういう時のために皆が入れているのだな、と解釈します。



51位:蝕魔王パズズ
前回の99位から大幅順位up。いや、普通にクソ強いですよね?今流行っている緑アグロなんて、対面にこれが出てきたら、それだけで頭禿げてしけたツラになりそうなくらいに辛そう。青単or青紫不死の序盤~中盤を担う重要なポジションです。



45位:天竜ヘブンズドラゴン
太っても、まだまだ順位up。やはり沈黙が効かない点、相手の捨て札も消滅させるので青レイシーが生えてくる事も無い点などは、ヘブドラのオンリーワンなお仕事。能力が強く代役もいないならば、まだ0p帯から離れる事はなさそうです。



55位:盗賊の手
これも必然の順位大幅up。インセプコンデッキのゴミ箱の中の彩光の羽ばたきを奪う、青デッキの特殊召喚されるであろうユニットを消しておく、というのが主な用途。この2つの仕事の意味があまりにも大きい環境ゆえ、ここまで伸びてきたのであろうと考えます。



70位:ドラゴンスレイヤー
これはどのデッキでも採用される可能性があるのですが、やはり最も多く採用していたのはインセプコンでしょう。通常の戦い方では太刀打ちできる手段が少ないヘブドラを晩飯にしつつ、ドラゴン以外が相手でも腐らないカードとして、大半の人がインセプコンデッキに入れてました。
ヘブドラはまだまだ遭遇するでしょう。よって、このカードの使用率も下がる事は無いかと思います。



72位:空腹のハーピー
74位:創造神機ブラフマー
89位:タナトス
前回1p帯からの順位up。青単不死デッキの人気の高さが感じ取れます。特にタナトスさんが0p帯まで来たのって、ここ最近では初めてだと思います。



87位:戦女神ジャンヌダルク
90位:聖剣士パーシヴァル
ともに順位up。後攻初手パーシヴァル→ジャンヌは、相手の先攻初手のBP4000までは許さないウーマン+1点取れるし、中盤以降も役に立つ。緑アグロの重要な一員として人気が高いようです。



99位:ゴールド・ダルマン
こやつがギリギリとは言え0p帯まで上がってくるとは・・珍獣デッキが元気を取り戻してきているのは間違いなさそうですね。抑制剤、オベロンなど諸々の珍獣デッキにとって辛かった要素との遭遇率が下がった環境ゆえ・・という事でしょうか。珍獣デッキが環境に割り込んでくるのか?と思わせる結果ではないかと思います。


今回は以上となります。更新もめっちゃ遅くなってすいません。次回も引き続きよろしくお願いします。