望月スタイルクラブ

COJについて色々書いてみます

何物よりも素晴らしくあれ、だが、けして完璧であるなかれ。

こんばんは、ブリーチではマユリが断トツ一番好きな望月です。

三連休の仕事を無事に終え、三日ぶりの記事であります。今日はパティ・シエルの黒タイツについて記事を書くつもり満々だったのですが、Twitterを拝見させて頂いたところ、かなり多数の方々から憎しみの言葉と共に名前を挙げられているカードがあるので、先にそちらに焦点を当てる事にします。

そのカードとは・・↓








f:id:mstyleclub:20180716213337j:plain
f:id:mstyleclub:20180716213404j:plain
f:id:mstyleclub:20180716213420j:plain
SEGA)


「デスゴリデスです。」


「誰も踏み入る事はできません!」




「・・・・なるほど、手に負えんな」



そう、所謂「パーフェクトデスゴリデス 夏のギガントマキアを添えて」です。

ギガントマキアでBP上昇してコピーされた直後のデスゴリデス、酷い時は聖光による庇護でBP上がった状態をコピーされたデスゴリデスがパーフェクト状態永続で立たれてたら、ユニット出したら死ぬ地獄絵図になってしまい、ほぼ何も出来ない状況が出来上がるなどザラです。レベル3まで上げきらせても、すやすやスリーピングでまたレベル1からやりなおしはお約束。マッシヴサージ付けられたら、もう終わりみたいなもんです。

で、使った側の人が「デスゴリデスデッキが一番勝てました」とか、使われた側の人が「負けたのデスゴリデスだけやチクショウ」とか仰せになっておられるのを見ると、どうも高BPパーフェクトデスゴリデスで抑え込んでしまうデッキが、環境を壊してしまいかねない雰囲気を出しているようです。私もここ数日で何度かデスゴリデスですデッキに当たりましたが、パーフェクトデスゴリデスに対するメタが全く無い場合、相手がよほどもたつくかヘマをしない限りは多分最終的に勝てない状況が出来上がってしまうのかな、と感じました。




永続パーフェクトデスゴリデスを突破できる手段となると、パッと思い付く限りでは・・

・まずパーフェクトテリトリー発動される前に、デスゴリデス出た時点でドラゴンスレイヤーとか封札の煉獄炎or聖王具、死のカウントダウンや献上品、アトロポス&ガープのインセプコン紫呪印とかで殺してしまう。
→これらのカードを入れてるデッキなら、vsデスゴリデスに限らず迎撃を自分のデッキにおける除去手段の一つとして考えているはずなので、自然に狙いやすい。言い換えるならば、「パーフェクトデスゴリデスをメタるためだけのデッキ」みたいな構築になりにくい。
ただし、これらのカードを準備する前にパーフェクトデスゴリデス発動されてしまったらアジャパア。


・ファラオ立たせて、パーフェクトテリトリー=トリガーカードを発動させない。
→良さげですけど、こちらのユニット単体除去くらいはあちらも用意してるでしょうから、安心はできない。


・デスカウンターをつける。
→パーフェクト状態=加護に守られてる奴にデスカウンターつける方法が、あまりにも限られてるのが難点か。私が思い付く範囲では、先にブラック青龍出しておいて→四聖獣誰か出してクロックアップ、Samsonに死んでもらう、アビスイミテーション・・くらいしか思い付かんです。


・沈黙ウイルス+アタック
→パーフェクトテリトリーの多分唯一の穴。ただ、予めウイルスを置いておかないと、高BPコピーデスゴリデスが立っている状態になった後から青プロメテとか黙想の薔薇でウイルス出しても、元からフィールドに立ってる=殴りに行けるユニットに加護か破壊耐性でもないと、殴る前に殺されてしまう。青パズズなんて、ウイルス出す前に殺されてしけた面するしかなくなる。パーフェクトテリトリーそのものの対策にはなっているのだが、ウイルスを出すだけでは未完であり、殴りに行くユニットまで確保できるのかという話になると怪しい。
沈黙ウイルスを予め出しておいてデスゴリデスを出す事自体を躊躇わせるor遅延させて、その間にぶっ殺してしまう、という考え方の方が現実的か。


・デッキに戻す
→今回のパラメータ調整でアリエル見た時には、すぐに意図がわかりませんでした。が、多分これに繋がるのかな。
「手札に戻す」は固着で防げますが、「デッキに戻す」は固着で防げません。よってアリエルのデッキ戻し効果が永続パーフェクトデスゴリデスに当たれば、もうそいつは盤面から消えてくれる訳です。
ですが、アリエルのクロックアップタイミングが、相手ターン終了時です。相手も複数体ユニットは出すでしょうから、永続パーフェクトデスゴリデスに当たるかは運です。自分のターンにデスゴリデスの周りを片付けて、自分でクロックアップさせるギミックでも入れてないと、狙って決めるのは困難にも程があるのではないかと。
でも他にデッキへ戻すなんて奴いたっけ・・思い出せない。つーか、いないか?


・相手全体もしくはランダム基本BPマイナス攻撃
→最も現実的なのはオベロンかな。自然に紫に入るし、デスゴリデスデッキ側が準備を整えるまでには紫3ゲージなんて余裕で溜まってるでしょう。
ただ、それ以外が厳しいと思う。フィールドに出るだけで=相手のデスゴリデスのクロックアップ+破壊に割り込まれないうちに基本BPを物凄く下げれるユニットなんて、そうそういないはず。デスゴリデスを殺せはしないが、相手基本BPを半分にするクロコダイルさんかローザさんは有力ではあるか。あとは、永続パーフェクト状態は残っているが、ギガントマキアによる一時的なBPアップが終わっている状態で残されている時ならヴィシュヌは刺さる。あとは、こちらのインターセプト発動まで許されるなら、クラウンソーサレスからのCP0冥界破完食による基本BPマイナス3000も良いか。


うーん、こうやって見てみると、パーフェクトデスゴリデス対策を意識しすぎると、いざ他の健常なデッキに当たった時に不都合の起きそうな尖った構築になる恐れがありそう・・かな?
Twitterでは、多くの方々が憎しみや悲しみの声を漏らしておられましたが、やはりその主たる理由は①やられてる側が何もできなくて、おもんない。 ②他のデッキと当たっても普通に戦える構築にする範囲でのメタカードが少ない。また、そのメタも完全とは言えない。 ここらへんではないかと推測。
初めて見た時は「うおー!こいつ、なんて事してくれるんだよ!おい、これ倒せねーぞ、どうすんだよHAHAHA!」とか思えますが、何度か見てると「はぁ・・それかよ。今のデッキじゃ無理なんだよ勘弁してくれよ」くらいにしかならないのですよ。


本当に結構「勘弁しておくれやす」なお声が多く出ているので、もしかしたら・・もしかしたらですが、後日行われるという卑弥呼の修正とともに緊急調整をしたりしないかなーと期待してみたり。
で、そうなった場合はどのカードをどう調整するか?私の案は・・

ギガントマキア発動タイミングを自分のターン終了時に。
→これが一番手っ取り早いかと。ただ、アトゥムとかが相手に付ける攻撃禁止とかは、次の相手のターンにまで跨いで効果持続してますが、一時的なBPアップは無理なんかな?そうだとすると、BPアップはやめて「次の相手ターン終了まで破壊効果耐性を付与」とかどうかな?

②パーフェクトテリトリーに「デスカウンター1付与」を追加。
→まぁ、あれだ。なんか大きな代償の必要な禁呪みたいな?ギガントマキアでデスカウンター付与は意味がよく分からんし、デスゴリデスはフレーバーテキストによると「死を超越した」デンジャラスな存在らしいので、デスカウンターなんか付かないでしょう。(謎理論)
次のターンまで確実に1体を生き残らせて、次のターンに仕事しきったらお疲れ様でした、でも良いのでは。

③デスゴリデスがレベル3になって緑ゴリデスを召喚したら、デスゴリデスが死ぬ。
→あれだ。ゾンビっぽい青色から、死を超越して生命を連想?させる緑色のゴリデスに生まれ変わる的なイメージでどうよ。

他にも調整しようはあるだろうけど、私が思い付くのはこの程度ですたい。

でも真面目な話、「パーフェクトデスゴリデス 夏のギガントマキアを添えて」は調整はした方がいいと思いますよ。これがもっと流行るような環境は、ちょっとしらけてしまうんじゃないでしょうか。


今日の書きたい事は、ここらへんで終わりです。あとはコメント返信をさせて頂きます。


コメント返信

恒例のコメント返信です。大分追い付きました。今回も1記事分いきます。
mstyleclub.hatenablog.com

>anmin-117さん
コメント:「更新ありがとうございます。
いつも参考になります。」

→初めてのコメント(のはず)ですね、ありがとうございます。読者にもなって頂いたようで、嬉しいです。今後もよろしくお願いいたします。



>裸エプロンさん
コメント:「前回のあらすじ
祝五周年
だが来週号のジャンプの50周年記念号の方が気になる裸エプロンです

で注目カード
封殺はどれも採用が増えそうですがやはり黄と緑はかなり使えますな
特に黄のトリガードローは黄の事故率を下げ採用は必至かと
トリガー引ききったあと腐りやすいのが懸念だがプレイングでカバー出来るかと

では仕事前にチョイとやってきます」

→黄色封札は、今は天竜デッキで1or2枚入れてますが、役に立ってますね。トリガードローが不穏な時に1枚あったらさっさと発動、それ以外はやはりレベル3野郎を誅滅するという、霹靂では出来ない仕事を受け持つのが良い感じです。OC珍獣、ホルスといった代表格以外にも、レベル3で出てくる率がまぁまぁあるラダマンティスとか、こっちにBP8000の黄ユニットがたまたまいて生き残れる時の赤ギルガメもターゲットになりますね。以前に比べれば、十分な強化と思っています。



>神流さん
コメント:「予定通り!自分は全然心配してませんでしたよ、エラッタは来ると信じてました、神流です。
 感想はやっぱりかな、青の一番不愉快なムーブだけ弄くって仕事した気になっている感、これどうなのよ。アポが駄目ならブラる、海産物やレベコンのオマケに不死る現実、まだまだ下方するカードあるよね。
 インセプコンは完成間近で再構築なんて、最高のご褒美をいただきました(≧∇≦)b、使ってないけど(笑)。
 その他の修正と追加SPですが、封殺は青を弱体化するような修正する訳ないと、進化組では「お不動さん」が来るかな、リリィはトリガー破壊デッキが復活すれば何とか。
 珍獣運動会は駄目だ、本日の対戦の半分がサー珍デッキって環境腐ってますよ。では」

→インセプコンは再構築と言うよりは、もうチーム解散してアトロポスとガープを別の色に派遣してフォローに回ってもらうくらいしか活かせる道無いかも、と微かに思ってます。
不動明王は、強いと言うか相手からしたら相当ウザいであろうと言うか・・。



>低ランカーさん
コメント:「封札の煉獄炎強いんじゃないですかね?
0CPでトリガーに軽減が刺さるってのが強いと思います。
初手のサー珍処理しつつ手札アド減らさずに2T目に4cpユニットが飛んでくるという
1=1交換で次ターン-1CPなら得では?
自分はコイツがストロベリーガールに見えているんですが・・・・。」

→なるほど、そういう考え方にたどり着けないとは、私もまだまだ未熟千万ですな。私はどうしても「トリガーゾーンに刺さる」となると、トリガーカードやインターセプトが刺さってほしい・軽減になるのはいいが、すぐ後で出したいユニットが刺さるとやだなぁ、せめて運命の装填入れなきゃとかみたいな思考にばかり傾いてしまいます。
そうか、このトリガーゾーンにランダムでカードを差し込む遊びが赤に多いのは、コスト軽減により赤の特色の一つである「速さ」に繋がるからという事なのか。一つ勉強になりましたよ。



>二階堂瑠美媛さん
コメント:「望月さんこんばんは。
愛媛のほうは大雨で南予宇和島・大洲・西予)のほうで大きな被害になったようです。
バロメーター調整ですが甘露は下方修正されましたが私の主力になっている換金所の方はそのままですので安心してます。そこからアポピス・マンユ・サリエルオシリスとやりたい放題の青デッキでプレイしたことありますから」

インターセプトを1種類だけにする前提においての後攻初手なんですが、甘露アポピスよりも換金アポピスの方がラウンド2でアポピス出すためのマリガン簡単じゃありませんか?甘露なら、青ティターニアorインターセプトハンデス・アポピスの三つを用意しないといけませんが、換金なら青ティターニアorインターセプト・アポピス・あとは青ユニットカードなんでもでいいですからね。
ただ、ハンデス型と違って、アポピスが出た時に沈黙デスカウンターつけれる数は少なくなるし、なんだかんだで「相手を疲弊させる」事が目的でもあるアポピスデッキにおいては、ハンデスという行為は噛み合っていたとも言えます。ハンデスが無いorマイルドにしたアポピスデッキでは、以前に比べて強さとしてはどれくらいなのか気にはなります。


今回は以上です。明後日の仕事が朝早いので、多分明日はブログ書ききれないです。うん、無理しないで明日は休ませて頂きます。明後日、またよろしくお願いいたします。