望月スタイルクラブ

COJについて色々書いてみます

財王考察 まだ序章 ~彼にどこまで期待すべきなのか?~

どうも、望月です。
昨日の記事は、本当に見苦しい事になってしまって申し訳ございませんでした。昨夜の眠気・寝落ちは、本当に強烈だったもので・・1時間近く時間が飛ぶキングクリムゾンを、3回くらいほぼ連続でくらったような気分でした。
「うわ!気づいたらこんな時間なのに全然書けてない!どうしようどうしようどうしたらいいんですかアワアワ」→「もう朝や。無理や。」といった感じで諦めて、途中でアップしてしまいました。

とゆうわけで、今回の記事のテーマも、前回の続き=財王さんです。



f:id:mstyleclub:20180917214252p:plain
SEGA)



前回の記事↓
mstyleclub.hatenablog.com



既に記事を書く前の時点で、周囲から「使い道を5分間考えたが、何も思い付かなかった」「私は早々に諦めた」などの見解を頂いております。また、先日私が財王入りデッキの編集画面で無限に悩んでいる際、隣でプレイしてる師匠が合間にデッキを見つつ仰せになったコメントも酷い物でした。

「(財王のテキストを)読めば読むほど、8ポイントですね」
「速くもない、硬くもない・・何かもう一つくらいはないと・・」
「ネガティブに考えるなら、財王がプレイヤーアタックできる機会など無いと考えて・・」
「望月さんが全国対戦行くのを躊躇うって、相当ですね。いつもは多少不安要素あっても、とりあえず行くでしょ。」

師匠から言われたのは、こんな↑感じです。また、それらを否定できないのが悲しい。他のマンスリー報酬は皆強いのに・・紫パールヴァティー姉さんでさえも、タイミングを逃しただけであり、そんなに特別弱い訳でもないのに・・財王さん、なんでこんなのなんよ。
でも、せっかく手に入れたのだし、新しい能力ではあるので、最低でも少しくらいは使っておきたい。で、全国対戦に挑むからには勝利も目指したいのですよ。

そういう思いで財王入りデッキを考えてた時に思った事なんかを、前回の続きで今回も挙げていきます。前回挙げてたのは、大まかに言うと以下2点。
①財王を入れたデッキを考えた結果、最も外すべきカードは財王だった
②プレイヤーアタック成功時の能力がアホ

上記2点に引き続いて、今回も少し考えを述べさせて頂きます。


・プレイヤーアタック成功時に、相手の手札から1枚ユニットを盤面に無理矢理引きずり出して沈黙を与える能力・・「普通にハンデスしてくれたら、それで良かったのに」というツッコミは一旦抜きにして、この能力が試合に貢献したと言えるほどまでにするには、引きずり出したユニットを仕留める係として、トトの採用も必要になるかと思います。
で、トトを採用するとなると、スピムも高BPも貫通も持ってない財王のプレイヤーアタックが果たして何度も通るのか?通るわけない、と自問自答する事になるでしょう。となれば、トトを活かしきるために、他にも沈黙を与える役目のユニットをいくつか採用する事になってきます。トクリ、青パズズ、彼岸の玲花、大型調整で微妙になったレイヴンテングあたりを私は思い付きました。
そして、それらの沈黙付与ユニット+トトまで入れるとなると、青の比重の方が多くなってくると思います。そうなるんだったら、もう財王を敢えて入れておかなくても・・という禁断の思考もよぎってしまいますね。
まぁでも、青多目の中にサリエルを入れている場合は、財王が持ってきたカードが己のデッキで使う事のありえない物だったとしても、サリエルお姉様が弾として処理してくれるのは、そこそこ良かったですね。


・財王を軸に緑成分多目のデッキ構築にするとした場合は尚更となりますが、「もう、もしプレイヤーアタック成功した時の沈黙ユニット破壊は諦める」という考えも生まれるかと思います。
でもなあ・・もし威気衝天ケット・シーと組んでる時に、ケット・シーの強制防御が沈黙ユニットの方についてしまって1点損したりしようものなら、多分試合終わった後に財王が説教部屋に呼ばれて、それ以降デッキに財王の席が無くなるとかもありえそうなのが不安だなーとも思います。


・財王本人は海洋+盗賊という種族ですが、両方の種族シナジーを十分に一つのデッキにぶちこむというのは、かなり無理があるなーと感じました。できなくもないけど、フィニッシャー級・ボスキャラ級ユニットを入れる枠が無くなりそうと言うか。
そもそも種族シナジーと言っても、海洋と盗賊って他の種族に比べて主に狙うべきシナジーって少ないですよね。

海洋:海底の楽園を発動させる。
盗賊:盗賊のアジトのプレイヤーアタック成功時効果

これくらいでしょ。
特に、財王自身にプレイヤーアタック成功に繋がる特殊能力があるわけでもないので、盗賊の方を捨てるか、
逆に盗賊のアジトでプレイヤーアタックを狙うために、青キッドなどの財王よりはプレイヤーアタック成功の見込みが高い盗賊を多目に入れた盗賊デッキにするか・・
どちらかに絞るのがよろしいかと考えます。
今私は財王+海底の楽園入りデッキと、財王+盗賊のアジト入りデッキの2パターンを組みました。明日もう少しだけ微調整すれば、財王が軽減にばかりいかない事を祈りつつ全国対戦もやるつもりです。


・で、盗賊デッキというのを考えた際、今回は財王を入れると決めているので青多目~青緑折衷的なのにするつもりなんですが・・
盗賊ユニットのメンツを見てると、プレイヤーアタックに繋がる見込みの高い盗賊・純粋に強いと言えるであろう盗賊が黄色に多いなと思いました。生かしておくとろくな事にならないカンナ、コスト3/BP6000という標準的な肉体でそこそこの仕事ができるスチールナックルとかマルドゥークとか・・あとは、何度か殴り殺された経験があり危険人物にしか見えない義賊さん。

そう・・財王に焦点を当てて色々考えて得た収穫の一つは、「財王使った後は、黄色盗賊デッキを考えよう」と思うに至った事であった。財王、直接関係してない。orz


・あと最後にもう一つ・・青盗賊要素を組み込むとなると、私はまず青のキャプテン・キッドも採用するわって考えます。今回の財王デッキ組むにあたり、途中で青キッドの姿も何度か見てるうちに思った事があります。
青キッドも調整を受けて「相手盤面に3体以上いる時にスピム」能力が追加されました。この能力、別に盗賊シナジーだとか他の自軍ユニットの色とか関係無いので、タッチでの採用もできるって事になると思います。相手側3体以上で加護とかついてないという条件はありますが、相手の高BPの邪魔者を殺すためのタッチとして赤か黄色にしれっと入れるというのも、たまにはありかもしれないかなーと思いました。
そう・・財王に焦点を当てて色々考えて得た収穫のもう一つは、青キッドへの注目だった。財王、直接関(ry



以上が、現時点で財王と向き合って感じた事です。ここまでで、財王考察のまだ序章です。
デッキを考えている間、「財王の枠を ~ に変えればちょうど良いじゃないか」と考えた回数は数えきれず、全国対戦に行く前からネガティブな思考の渦に呑まれてしまっており、不安を隠しきれておりません。
でも実際に戦ってみると、事前に思っていたよりも違った感触を得られるかもしれませんし、オーブ割る覚悟でとりあえず全国行ってみますわ。その結果から何か記事に出来そうな事があれば、書かせて頂きます。果たして財王記事の第1章があるのかどうか・・今の時点では誰も知らない。

本日はここまでです。明後日の仕事が朝早いので、明日は休載します。明後日何か書いて、その次の日はランキング更新ですね。それでは皆様、ごきげんよう