望月スタイルクラブ

COJについて色々書いてみます

11/15ランキング更新チェック

お久しぶりです、望月です。先日、11/15には何か書くと言ってましたが、その時には15日がランキング更新の日なのを忘れていました。
今回はランキング更新結果について軽く見ていきます。


ジョーカー

0p

7位:デリートレイド up
10p→4p→0pと大躍進ですね。基本はデッキに組み込んでいるパーツで相手を殺しに行くけど、主に破壊耐性以外のステータス+加護で突破困難なユニットが相手側に出来上がった時の処理用として採用される選択肢が増えたのでしょうか。
今思えば、相手側の時矢がジョーカーを発動しないで終わった(=相方のジョーカーだけ使用された)試合って、時矢のジョーカーが何だったかは全くの分からずじまいになるわけですよね。武身とかで時矢の大ジョーカーならヘレスカの方である可能性は高いと考えていますが、もしかしたらその中のいくつかはデリートレイドだったのかもしれません。



8位:セイクリッドシールド up
これはもう、ここ暫くの全国対戦・イベント戦・リプレイを見て想定できた結果。私は、5~6位はいってると思ってました。
今真っ先にメタを用意するべきであろう第一仮想敵を赤に定めている人は多いかと思います。vs赤となると、秩序とかジャンヌが対策になるのは間違いないのですが、人身御供やマーヤorフレイミー+カーリーなどの存在も考えると、一定以上のBP+加護の方が生存率が高く見込める場面もかなりあるはずです。秩序+加護の併用なら更に良しです。
そして加護は、vs赤でなくても非常に効果のある防御ステータスです。となれば、使わない手はない!と考える方々が増えて当然。ハンデス全盛期には、ジョーカーのうち一つは大量ドロージョーカーにしておかないといけないという意識があったであろうのと同じように、今の環境ではセイクリッドを選んでおかないと生き残れないとお考えになる方々も、そこそこはいらっしゃるのではないかと思います。



9位:ソウルエクスキューション up
これは逆に、セイクリッドなどの加護付与にて突破できないユニットが出来上がった時の対策として、多く採用されたのでしょう。インセプコンデッキに加え、やはり赤単で採用している方々を結構多めに見ました。



2p

15位:ワンダフルハンド up
17位:グラフィティ・アース down

完全に立場逆転しつつあります。グラフィティ・アースを採用している青単や青紫と何度か当たりましたが、やはり中盤以降でグラフィティ・アースを発動された後のCPが4なのは、CP5残ってた時期に比べれば、全然プレッシャーの度合いが違いますね。



4p

21位:スプレッド・インフェルノ up
これはかなり使われるようになるのではと思っていましたが、ようやく伸びてきましたね。やはり予想していた通りではありますが、使用するパターンとしては「紫を含むデッキでオベロンへつなげる」・「青単などで、ラウンド6までのアイオーンの破壊確定範囲を広げる」の二つがメインのようです。



6p

30位:エイミングクラッシュ up
調整前に比べれば研究の余地は大いにあるのでしょうが、まだまだ他の元から強いジョーカーと比べると優先順位は低いという事でしょうか。



10p

特に真新しい要素のない面子と順位でした。





カード

0p

2位:デストラクションスピア up
とうとう上がる所まで上がりきったという感じです。アグロ系が相手のCP使い切って出した大型ユニット・盤面での対処が厄介なユニットを即排除する用途、非アグロ系が相手の着地させたら困るユニットを即排除する用途。両方の需要が高まってきているという事だと思われます。



5位:ミューズ up

7位:太陽神ラー up
10位:ヒートドラゴン up
11位:夜魔女王リリス up
32位:進化の系譜 up
33位:ノンストップジャーニー up
39位:人身御供 up
46位:カブト姫 up

赤単が、おそらくリリスが登場して以降で最高潮の大人気です。従来からのタイプの赤単・華麗なる一族タイプの赤単とも、かなり元気です。
で、そうなれば特に序盤をしのぐためにも必要と判断されるでしょうが、ミューズの需要も高まります。上記の順位になるのも納得といったところです。



34位:天竜ヘブンズドラゴン up
72位:電竜戦士ライリー up

ライリーの調整は天竜デッキにとって非常に大きな上方修正と言えるので、天竜の使用率が高ければライリーも0p帯入りするほどに高まるであろう事は分かります。
ただ、今の環境で天竜自身の順位が上がるのは、想定外でした。天竜デッキは、赤単に対してかなり相性が悪い方なので、その赤単が多いこの環境では天竜という選択肢を捨てる人の方が多いのではないかと思っていました。
しかし、赤単以外への制圧力が恐ろしく高いのは間違いないので、選ばれヘブドラの最低限必要なパーツを組み込んだ残りで、その赤単にも勝てるほどの主に緑の対抗パーツをうまく組み込んで赤にも勝てるようになれば、それが現環境での最高峰のデッキになるのかもしれません。先日のリプレイであおい氏が披露しておられた選ばれ黄緑がうまく赤単に勝利を収めておられましたが、赤にも勝てる天竜デッキとしての素晴らしい出来ではないかと感じました。そういうのを突き詰めて天竜を使う方々が結構いらっしゃるならば、天竜の使用率は1p帯に落ちるくらいに下がるという事はなさそうです。



83位:風紀委員マコ up
久しぶりの0p帯入り。おそらくは、華麗なる一族を発動させたいデッキでの悪魔ユニット調達として、少し前までの1p帯にいた時期よりも使われた結果かと思われます。



1p

105位:華麗なる一族 up
146位:暴虐王バアル up
147位:魔槍のリリム up
179位:掘り出し物 up

華麗なる一族でのデッキ回しを狙うタイプの赤単において、リリスのようにトリガーゾーンを割らずに、確実に速く一族を発動できる要員としてバアルとリリムが順位を上げてきました。特にバアルの方は、フィールドに出たターンにBP3000上昇もつくので、ミューズで止めたりなどしないと、ただ秩序を持ってるだけでは並みのBPでは止められません。1ライフペイに見合う強さを序盤から発揮します。特に進化の系譜があるので、レベル2バアルが出てくる事は大いにありえる事であり、BP9000で着地されるとサラマンドラでも殺せないので、かなり厄介な相手になった物だなと思います。



158位:骸忍のキリカ up
178位:雪忍の六花 up

キリカはかなり研究されているようですね。ただ、盗賊の手やカナデなどのお手軽な対策もあるので、トップクラスには二歩くらい届いていない印象ではあります。赤はメタられても対抗策の選択肢は結構ありますが、キリカに対するメタというのは、それをやられてしまうと切返しがかなり困難かと思います。その差は無視できないレベルだと思いますので、これくらいの順位よりも更に大きく上がるのは難しいかなと予想。一方で、相手がメタを用意していない時の強さはかなりの物なので、やめられない人もいると思います。なので、極端に順位が下がることもないでしょう。



183位:アトロポス up
ずっと2p帯にいましたが、久しぶりの1p帯入り。確かにリプレイでも全国対戦でも、インセプコンデッキをいつもより多く見た気がします。
レベル2以上のドラゴンスレイヤーと紫呪印を構えたりなどで赤単にも戦える余地があって、赤メタの緑には相性的に結構有利・・という感じでしょうか?インターセプトを多めに入れる必要があり、出せるユニットがいない事故に遭う確率がそこそこあるのが課題ですが、しっかりユニットとインターセプトが回れば強いデッキですからね。



2p

208位:ケロルド・ダンゾウ up
ここまで高い順位にきたのは、おそらく初めてではないかと思います。今までは一部のプレイヤーが好んで使うか、ポイントが高い時に青デッキに入れるか程度だったと思うのですが、おそらく今はキリカのお供という意味が生まれたため、それにより順位が上がった物と推測いたします。



227位:魔界総統ガープ up
アトロポスとの順位の差が気になりました。今アトロポスを使うなら、大体はガープとセットにしてインセプコンデッキにするのではないかと思いますし、タッチで何か別種のデッキに出張するならアトロポスよりもガープじゃないかなとも思います。
ガープは不在・アトロポスだけ入ったデッキというのがそこそこあったという事でしょうか。魔導士デッキとか?



257位:義賊五右衛門 down
コスト7・トリガーセット回数減となれば、こんなものでしょう。次回もっと下がって大きなポイントがついたら使われるかな、と思います。



409位:びっくりクッキング down
赤のスピードについていけないからという理屈だと思うのですが、体感では紫単がかなり減っている状況と判断しています。それなら、このカードもかなり活きるのではと思いピックアップしました。



419位:ロストドラゴン down
紫ゲージが減らないまま・そしてイシスもいるため、相手3体以上をロスドラで破壊=2ライフペイになる事もそこまで多くないであろうという点から、全然余裕で使われると思っていました。ですが、ライフペイが大きな弱体化と世間一般で捉えられたのか・紫単や青紫が今の環境で辛いと判断されたのか・その両方か・・によって、結構順位は下がってしまったようですね。



496位:ゴッドフィスト down
アタランテは0p帯(86位、順位up)にいるのに、あまり伸びていないですね。あまり獣が第一仮想敵として捉えられていないのでしょうか。一応、青不死相手でも、初手ハーピーを殺して序盤でのライフアドをあまり取られないよう貢献もできるのですが。



4p

579位:光を呑む闇 down
全盛期の事を考えたら、かなり下がった物ですね。
このカードが4p付くからと言って、じゃあ今期は青紫が増えるかと言われると、少し様子見ないと分からない。このカードでCP1使うのは、特に序盤において厳しい。また、セイクリッドシールドが流行っているので、ラダマンティスで殺したい奴が殺せないという場面も結構ありそう。



8p

883位:ハムレイダー down
8p帯に来たのは、多分初めてじゃないかと思います。違っていたらすいません。
かなり良い性能はしていますし、アタランテからも呼べますので、ポイントが欲しい+デッキに枠が見出だせるなら、採用は大いにありかと。



1070位:ブラッディ・レイン new
まだ約半月しか経っていない割には、まあまあ使われているなと思う。


今回のランキングチェックは以上です。4p帯と8p帯は、更新ごとに入れ替わるメンツ・それぞれのポイント帯に大体固定されているメンツが定まってきてる感じで、特に真新しさは無いですね。




以下は、ネガティブな内容が嫌い・苦手なお方は読まない方がいいかと思います。

以下に書きますのは、懺悔と言うか反省と言うか・・とにかくちょっとネガティブな内容のお話と、今後についてのお知らせをします。もし途中で不快に思われる要素があったり、私の言ってる事が人として間違ってるのに吠えてるななど思われるようでしたら、そこで読むのはお止め頂いた方がいいと思います。


今から思えば迂闊な発言だったと言うか何と言うかって省みているんですが、先日Twitterでついこんなツイート↓をしてしまったんですよ。


で、もし違っていたらただの私の自意識過剰な勘違いって事で大変申し訳ないのですが、書き込まれたタイミングと内容的に、この私のツイートに対して言っているのだなと思える某氏のツイートがあって、なんかボロクソ言われてたんですよ。大体、こんな内容でした。↓

・相性ゲーが嫌ならカードゲーム向いてない
・相性ゲー大好きな俺に構うなとしか言えん
・轢き潰される程度の実力しかねえんじゃん
・相性良い側に回れないのが未熟
・己の能力に疑念を持てないなら、こんなものか

語尾も「~じゃねえよ」みたいな感じで書かれていて・・
正直、一回目これらの内容を見た時には「相性ゲーが嫌って言ってないやん。『極端な』相性ゲーになっているのを憂えているのに。相性ゲーその物が嫌なら、そもそも今までJやってないし」「別に某氏1人どころか、誰かを特定して言ってる訳でもないのに『俺に構うな』とか、なんなん?」「なんで、ちょろっと漏らしただけの不満的な内容に対して、実力や能力云々まで言われないといかんの・・弱者は不満をボソッと呟くのさえ許されんの?」と、憤り?とまで表現するのが合ってるか分かりませんが、まぁとにかく負の感情を抱いたのです。この事考えてる時、頭痛かったです。

でも、日が経って何度も考えると、私が悪かったのだな・・発言が迂闊すぎたのだな・・と思うようになってきました。

もちろん全試合がそうではないとしても、環境が赤or赤メタの二極化のような状態になっているのを、全国対戦・イベント戦・リプレイの全てで経験して、J史上でも特に酷い偏り具合ではないかと思ったわけですが・・
なんで、そこで「やる気起こせん」とか軽率に言ってしまってたんだろう自分は。偏った極端な相性ゲーであると理解してるなら、そしてその相性ゲーで勝つために入れるべきカードも自分なりに答えを持ってるなら、それで試合に臨めばよかったじゃないか。もしくは、その二極化している両方と戦える自分なりの構築を考えてみるとか試す価値はあったじゃないか。
なのに、なんで師匠に対してとTwitterで迂闊にも愚痴として漏らしてしまったのか。思い当たる原因は、その前に上振れ180%な一族赤単に3試合くらい連続でラウンド2~3で殺されて、ひよってしまってたから・・かな。つまり、豆腐メンタル=弱い=実力なんて無いって事ですね。

で、ツイートの内容は誰か特定の人間へ向けた物ではないという意識でしたが、絶賛Jを楽しんでプレイ中!という人がこのツイートを見たら、「こいつ、俺が楽しんでるゲームに対して何言ってんだよ」という風に、その人のやってる事を否定しているように受け取られて非難されるのも当然の報いであるか、と後から考え直しました。


・・といった感じで、一時の気の凹みから迂闊なツイートをしてしまったなと反省をしています。でも、己が悪いとは言え、それで直接話した事も無い人からめっちゃダメ出しを食らった事で、かなり落ち込んでいるんですよ。
また、何か自分の気持ち・考えをポロッと書くのも、それが誰か他人の怒りを買うものになってしまわないかとか、ボロカスに非難されるんじゃないかとかっていう気持ちが強くなってきて、もう何か書くのが怖くなってしまいまして。
それに加えて、今の環境の偏り具合を憂えている気持ちは変わらなくて、でも各地のJ撤去の情報見てたり公式の動きの無さを見てると、もう新弾も・・もしかしたらパラメータ調整も無いんじゃないかという残念な気持ちにもなってきて・・
こういう負の感情が積もり積もってしまっているので、Jに対する前向きな気持ちを取り戻して、臆せずに何かしら文章を書き続けるには、少し纏まった時間がいるかなと思ってます。

なので、このブログは当面の間はお休みとさせて頂きます。
何か公式から大きな情報があれば取り上げますが、暫くは休載という事で。今の状態の私では、キレのある面白い内容・ろくな内容の記事を書けないでしょう。(今までにろくな物があったかは別として)今の私を例えるなら、焼肉定食の焼肉・ご飯・味噌汁抜きみたいな物です。

思えば、今日まで約1年と3ヶ月の間は、こういう負の感情に飲み込まれる事も無く、よく続けてこれた物だな・・

今までこのブログを読んで頂いた方々、コメントを頂いた方々へ感謝いたします。次回の記事がいつになるかは未定となります。でも、この記事で「第3部 完!」とか、完全に終えるわけではないので。いつかまた、よろしくお願いいたします。