望月スタイルクラブ

COJについて色々書いてみます

12/20からのパラメータ調整についての所感

こんばんは、望月です。皆様、どうでしょう。今の環境で快く遊べておりますでしょうか?
私はあまり遊ぶ時間が無く、パラメータ調整内容について検証しておきたいなと思う事がいくつかあったので、その検証@CPU戦と全国対戦用のデッキ調整を少しやっただけで、全国対戦はまだやってないです。今回の調整が、そこまでモチベ激回復するようなのじゃなかったので、そもそも全国対戦やるかも未定ではありますが。

さて、そんなエアプな私ではありますが、検証した内容・他の方々からのTwitterでの報告・これまでの経験則から、今回調整を受けたカードについて、3日経った現時点での所感を軽く書いておきます。時間が無いので、本当に軽く。



・冥府剣士ライマル

f:id:mstyleclub:20181222232438j:plain
SEGA)

まずは、先日の関連ツイートを貼っておきます。


前評判どおりと言うか、やはり彼が一番語るべき点が多いですね。各能力について箇条書きで色々書いていきます。

①消滅札の特殊召喚
・出てくるのはユニットだけですね。明記してなくても、「特殊召喚」とはユニットだけを呼んでくる物という定義でいいんじゃないかな。

特殊召喚にコスト制限が無かった・・まぁ、今でもこれはミスじゃないかと思うんですけどね。だって、初めてオーバーコストユニット(天竜とかおでんとかみたいなコスト8以上の超大型の輩)が出た時、それまでにあったコスト制限の明記の無い能力全部に「コスト7以下の」とか、しっかり付け足されてましたやん。ただ消滅しているカードを特殊召喚するのに対してコスト制限が無く、例えばおでんがコスト20から1桁に下げる過程をすっ飛ばして、20コストを踏み倒しているのは明らかに通常はあってはならないと思うの。
まぁでも、パラメータ調整直前も直後もフォロー全く無しなので、これが現実なのだな。そう、これが現実。

・で、私はTwitterでは、「うまくいったら、ラウンド2で何でも呼べちゃうよ」というのをお見せするために烈さんとおでんを一例にしたわけですが、実戦で序盤にキメれば異次元な展開になるのは何か?おでんが3枚消滅して機械3枚作成→ライマルが消滅したカードを捨て札に戻すというのは新しいムーブゆえに少しばかりのインパクトはあったかもしれないですが、盤面に直接干渉してないんですよ。
盤面に働きかけるなら、ティアマト・マズダ・マンユ・次のターンまで守れる手段があるなら聖剣くらいではなかろうか。あとは、アポピス呼んでおくのも、そこそこの嫌がらせになるか。

Twitter上では路線変更フルレルシファーレシピの話題が盛り上がってたようでしたが、序盤で達成させるにはあまりにも難易度が高すぎないかなと思ってます。あれは捨て札にルシファーのオーラでスピムがつく紫悪魔が2体以上いないといけませんが、その調達手段もですし、何よりライマルもフルーレティの特殊召喚対象の悪魔であり、ルシファーによるスピムがつかない青ユニットなのです。ライマル数枚入れるが、捨て札にはいかないようにするorライマルを1枚にして魔法石か何かで確定で引くギミックの用意・・かなり難しいのでは?

血の滲むような修行をすれば毎回実現できるのか分かりませんが、最短のラウンド2でコスト踏み倒して呼びたい大型ユニットを呼ぶには、マリガンがかなり難しいですね。少なくとも私は、CPU戦で何度かやってみて、うまくいかない事の方が多かったです。
調整適用前のプレビュー記事でも書きましたが、必要な物は
①ライマルorデッキ内の悪魔をライマルだけにして禁じられた召喚術
②久遠の秘術
③呼び出したい大物
④久遠の秘術(+トリガー)を発動させる低コストユニット

です。結構パーツ多いです。

なんで、最低でも久遠とラウンド1で出せるコストのユニットだけでも確保して、ライマルで呼ぶのはコストを踏み倒してる感を存分に味わえるなら本命でなくても、まぁいいか。くらいの気持ちでやらないと、失敗した時のショックがかなり大きいです。例えばマンユ呼びたかったけど、オシリスくらいしかいなかった・・って時でも序盤から呼ぶ壁としては十分かと。


②消滅札を一気に3枚捨て札に戻す
・コスト制限無しの特殊召喚インパクトがどうしても強烈ですが、こっちの能力も酷い。
ヘブドラ以外のデッキで、青不死を代表とする捨て札参照能力が厄介極まりない場合、盗賊の手を採用する人は多かったです。私も外せないくらいの気持ちで入れてました。
が、相手盤面にライマル立ってたら、せっかく消滅させた3枚が1ターンで元に戻ります。青デッキ側としては願ってもない救世主ですが、その相手からしたらもう盗賊の手入れてもゾンビが湧いてくるとかやってらんね!的な気持ちになってしまうでしょう。
キリカ・不死・アポピスあたりのデッキは、この能力だけを目当てにライマル採用してもいいだろレベルにハイスペックな消滅対抗策です。

・この能力に真っ向から消滅で対抗するなら、もうヘブドラまでやらないと容易に追い付かれてしまうでしょう。ライマル擁する青系デッキが流行るなら、ヘブドラの需要はさらに上がる事になるかと。

・ヘブドラ以外のデッキでライマルに対抗するなら、今私が思い付く範囲でのメタはリトル・アリスだと思います。ライマル3枚が消滅すれば、エクリプスセイバーやダークプリーストなどを採用してない限り、消滅からの特殊召喚も消滅から捨て札へ戻すのも、発動できる人がいなくなります。
ライマルが流行ってきたら、盗賊の手だけでは不十分という事です。各人、真面目に環境に向き合うなら、どうするかは考えておいた方がよろしいかと。

・青単デッキで求愛のダンス→選ばれし者→ライマルで何か1体を特殊召喚→着地が許されてターン終了時に消滅3枚を捨て札へ戻せると、選ばれし者で落ちてきた5枚は全部実体化して、捨て札が3枚肥える事になります。選ばれし者を出した後のターンにライマルを出して着地するまでの過程は必要ですが、選ばれし者が捨て札肥やしになるというのは新しい・・かな?


③効果で破壊されたら捨て札のコスト2以下ユニットを特殊召喚
色問わず。おでんで遊んでたら、いらないから捨てたルインガーディアン出てきた時もあった。
これはまぁ、以前からあった能力でおまけと思えばよいかと。ライマルの他の二つの効果を最大限に活かすデッキ構築で、さらにこの特殊召喚でも素敵なユニットが確実に出るような構築は、かなり難しいんじゃないかと。
青デッキならアイオーンは入れるはずですし、中盤以降にアイオーン出てきてくれたらラッキーくらいで。
うん、まあ・・それでも、これでシズクとか出てきたらいいなぁみたいな欲は無いわけではない。



こうやって見ていくとアホとしか思えない調整内容なんですが、やはり序盤からかっ飛ばしていきたいって時の特殊召喚が上振れすぎるからなのか、リプレイとか見てても従来からの赤単とかヘブドラとかインセプコンの方が、丸いと判断されるゆえなのでしょうが多いですね。
今後どこまで伸びるかは見物。


ちなみに、私がちょっと考えてCPU戦で試運転→微調整を何度も繰り返して、ベーシックな青単・キリカ型・アポピス型とか色々触った結果としては、キリカと合わせるのが一番いいかもと思いました。
久遠→求愛→選ばれし者→ライマルで消滅札を捨て札へ・・の流れだけでは、ライマルがなかなか来ない時・後からライマル1枚やっと出した後の時に、消滅→捨て札化が追い付かない事が多々あったので、デスパレートも併用。
デスパレートと併用した場合、選ばれし者3枚だとデッキ圧縮しすぎて速攻でデッキ1周してしまうので、選ばれし者+求愛を2枚にしてみたら、ちょうどいい感じでした。まぁ、実戦ではそこまでうまくいかないでしょうが。

まだ調整中で、全国対戦では使ってないですが、こんな感じ↓

f:id:mstyleclub:20181222232643p:plain

迎撃系インターセプトやトリガー割が無い所とか、考える点はまだ多い・・でも、なんかいけそうな気がせんでもないので、もうちょっとライマルについては考えてみます。



・シルフの騎士
やはり、リプレイでも何度か姿を見るくらいに採用されていましたね。相手からしたら、デッキのメインカラーに対する耐性付与ゆえに、簡単には更地にできないのはめんどくさいものです。紫にとっては、2~3ゲージの所で突然紫ゲージが1個減ると、手札の状況にもよりますが、ペースが若干乱れる事もありえると思います。

あと、これはどなたかのTwitterを見て気づかされた事ですが、相手フィールドにウイルスを出す人材を用意しておいて、それが相手デッキの色と異なった場合には、複数の耐性を付ける事ができますね。一例としては、相手が黄単デッキであるところに対して青パズズなどで沈黙ウイルス出してからシルフの騎士を出せば、消滅耐性+破壊耐性を付ける事ができます。
CPU戦でですが、実証済です。↓
f:id:mstyleclub:20181223015458j:plain

f:id:mstyleclub:20181223015530j:plain

まあ、相手が用意しているウイルスと同じ色のデッキなら意味なくなってしまうので、実用性があるかは各個人の解釈次第といったところでしょうか。気になるお方だけ、「相手がこの色のデッキの時に、この色のウイルスで~耐性ついたら、凄くおいしい!」というのを頭の中に描いておくといいかも。

今は8pゆえに選ばれ黄単でヘブドラが出るまでの命と割りきって採用してる人もいるようですが、ポイントが美味しくなくなった時には、耐性付与+BPも育成までして真骨頂だと思うので、一部の攻略系・育成系デッキでだけ採用される事になるかもです。



・不毛の大地
採用されてるのはリプレイでも何度も見かけましたが、同種族4体以上への沈黙発動は拝めてないですね。
やはり第一仮想敵は武身でしょうが、その沈黙つけた輩をすぐに全部処理できる用意もしてないと、あまりメタりきれてない感があります。もたもたしてたら聖剣飛んできたり、沈黙付きでも武身3人以上を満たしてる事で、あとから出てきたロンギヌス一人に卓球二回くらうだけでもキツイ場面はあると思いますぜ。
今は8ポイントもついてますので、それで特定相手に効き目があって腐らないカードなら、採用は多くされる事でしょう。どちらかと言うと、武身がこのカードを食らっただけで死んでいくとかよりも、魔導士とか天使とかみたいな使用人口の凄く多いわけではない種族デッキを使ってる人がとばっちりで死ぬイメージ。



・聖少女ブリキッド
パラメータ調整前よりも、リプレイで姿を見る機会が明らかに増えてるように感じます。
偶然かもしれませんが、今のところは緑単とかではなく、選ばれ黄単ヘブドラデッキにおいて単体除去などを目的にした採用がメインのように感じます。特にvs赤単での序盤において、焼き殺されない除去担当を構えておけるのは大きいでしょう。
これも偶然かもしれませんが、今のところは緑単のデッキをあまり見かけないです。まだパラメータ調整が入って3日なので、まだ「その理由はこれだ!」と決めるには早いかもしれませんが、私が愚考するに、パラメータ調整前の緑単はまず赤を殺したくて、あとは青不死にもおちょくられないために盗賊の手を入れておくというパターンを多く見ました。
しかし今は、盗賊の手の1枚2枚ではライマルの消滅札3枚戻し能力で、あっという間に無かった事にされます。これはさすがにやってられんと思う方々の方が多いのではないかと思います。よって、消滅を対抗手段とするなら、ヘブドラまでいかないと!という結論に至るのではと思います。
盗賊の手のフレーバーテキストは確か、「腕利きの盗賊によって奪われた物は、二度とこの手に戻ってくる事はない」とかだったと思いますが、全然そんな事はありませんでした。陰陽師の怪しい力があれば、一瞬で戻ってくる世の中になってしまったのです。



・ピヨビルダー
まずは、先日の関連ツイートを貼っておきます。↓

以前に、盗賊の2コスト種族サーチャーであるブラックケルビムが、有効活用できる場面が1ヶ月に何回あるのかという謎の能力と引き換えに基本BPを1000下げられた事例がありました。が、ピヨは自分が出た時にも自身の基本BP上げるので、BPは3000から変わり無し。本当に+αで能力が追加されたと解釈できる。ブラックケルビムの扱いとの差は一体・・まぁとにかく、先攻初手で出してアタランテに殺されてしまうかどうかのラインを越えてくれてるのはありがたい。他にもBP7000スルトとか8000エンビルとか9000バロールとかは、地味にだけど確実に強いと思います。

まだどなたかが巨人を使っているというのは見てないですが・・巨人がいける環境であるかの様子見中でしょうか。とにかく沈黙が多い世界だと巨人は辛いイメージ。あとは、vs紫においてシュネーだけでなくヘカトンまで気にしないといけないのは響いてくるかな。ピヨによる一時的破壊耐性をギガントマキアで複製できる運にかけるか、無難に冥護いれておくか・・。今後の巨人デッキの動向は、割と気になります。



・ 烈・獅子王
能力は強烈でインパクトもありますが、やはり「重さがネック」という概念が、頭から離れないのでしょう。まだ、少なくとも私は実戦で無双したとかみたいな話は聞いてません。
どちらかと言うと、エクストリームサモン烈+マーヤ一人立たせたら、タルタロスさんはどうなるのかという検証動画とか、そういう場面でしか見てないです。
これは・・獣と言えばこのお方!と言ってもよいであろう、momiyaさんのデッキに期待が高まるという物です。




ヘカトンケイル
リプレイでも拝見しましたが、やはり紫単に採用されてました。やはり大技の紫ゲージ消費量が1減れば、評価も純粋に上がります。確定ではなくても、紫ゲージ回収能力もついた事ですし。
シュネーと一緒にデッキに入れる場合に、どちらを何枚にするのがベストであるかなど、そのあたりは今後紫デッキマイスターの方々が理論を確立してくれるでしょうぞ。



・カブト姫
赤単に使われる分には、すぐ進化させるよう心がけられたら、なんも変わってねえ。
影響が出るのは昆虫デッキにおいてかなと。私も大型調整後に暫く昆虫デッキを使ってた時期がありましたが、昆虫デッキにおいては真面目に壁として期待する場面は多かったですし、クリムゾンドルクスor他の生き残っててほしい虫を弾にしなくても、カブト姫の分身一匹だけで一掃できる時もありました。その両方が期待できなくなったのは痛手でしょう。それでも、昆虫には他にタレントはそれなりにいるので、これだけがきっかけで昆虫デッキが衰退するまではいかないかと思います。



・棘忍のリゼ
私は見てませんが、なんか周りからはやたら声が聞こえてました。
一応、初日に色々検証してる時に、リゼも調整入ったカードだからって事で、ついでにデッキに入れてました。普通に強くなってるとは思います。マイナス方向の調整を受けてないので、当然と言えば当然ですが。
とりあえず、ジョーカー発動後の貫通つきながらの行動権回復は、エイミングクラッシュとの相性がとても良いと感じました。
失礼ながら、どのランカー様だったかお名前を失念してしまったんですが、たまに道化師デッキでリプレイにものるお方がいらっしゃいましたよね。道化師に混ぜてハマるとエグい仕事が期待できそうに思います。そして今まで同様、忍者シナジーも期待できるので、一部の人は注目するんじゃないかなと。



・ ヴァイス・ヘルメス
どうやら、寝てる相手を消滅させなくても行動権は回復するようです。確かにテキスト再確認したら「そうした場合」とか書いてなかったですわ。なるほど、進化の土台を新たに出さなくても、寝てる自分のユニットに重ねてもう1点取れるみたいな、得点力アップの用途か。でも、なんでコイツが選ばれたのかは謎。
あと、調整適用前プレビューの時点で触れてなかったですが、コスト3でBP7000/8000/9000って、モロクとかみたいな特殊な制約のあるユニット以外では、進化とは言え最高レベルのコスト比BPですね。まあ、これを今の環境でどこまで強みとできるか微妙かもしれませんが。



・パーフェクトテリトリー
まだ1回も見てないよーと言うよりは、もう今後見る事はほぼ無くなるであろうと言った方がいいだろうか。さすがにユニット2体以下でしか発動できないのは、盤面状況にもよるが不安すぎる。また、例えば自分の盤面に3~4体立ってて、そのうちの一人を何となく守りたいなーという理由で二人にするというのもちょっと・・
よっっっぽど「そのユニット一人だけが次のターンに立っていれば絶対勝てる」ようなワンショットプランでもない限り、採用はできないかなと。8pついた時にそういうプランをお考えになる職人様が選ぶ程度となるか・・。



・グラインドビートル
なんかいまいち噛み合ってない気もするんですけど・・。どなたかがTwitterで珍獣デッキに入れる案を提唱しておられましたが、難しそう。初動に3CPいるけど実質1CPで出してるユニットだからという理屈は分かる。けど、連撃のドローを珍獣デッキで得るには、ドーバーかOC犬の後から出さないといけないのがキツすぎると思う。
また、連撃というキーワードで考えても、緑連撃デッキにおいて、ジズやプラウド、その他の3コストユニットよりも優先してまでビートル入れて1ドローしようず!!って思う人がそんなにいるとは思えない・・。
コスト比BPも大した事ないし、何デッキなら自然に採用できるんだろう?



・命の秤
今の環境では、どう考えても仮想敵が赤単しかいないんですが、1ライフペイくらいでは全く抑止力にならないです。しかも、このカードの選告で受けたライフダメージは、しっかりジョーカーゲージが溜まります。(確認済です。)状況によっては、それを利用してスターライトなどのジョーカーを発動されて大惨事になる・・というのも、赤単相手なら十分ありえます。試合にあまり貢献できそうには思えません。
せめてレベル2or3で1ドロー付きとかなら、インセプコンで相手ターンに打てるインターセプトのレパートリーとして採用されたでしょうに。8p帯の深淵から抜ける事は無さそう。



・宇宙亡霊ジャ・アーク
書いてある事その物は、能力全部機能する+生存して何度か仕事できれば強いです。しかし紫ゲージを溜めた後にこの性能では、他の紫ユニットの重役達の枠を取るには足りないと思います。まだ1回も見てないのは、それゆえだと思ってます。あ、嘘です。1回だけ見ましたわ。おでんがジャ・アーク作って、邪魔なのでサリエルさんが弾にしてくれた時に1回だけ。フィールドには出てません。
スピムとアタック時のトリガー破壊が紫ゲージ関係無しで発動可、紫3ゲージ以上でプレイヤーアタック成功時の報酬有、紫4ゲージ以上で貫通付与とかまでいって、やっと採用の第二次選考に残るくらい。運営様がこのカードを使ってほしくて調整したとするなら、まだ1.3歩ぐらい足りない。




・・えー、駆け足で書いていきました。今のところ、パラメータ調整についての所感は以上です。実戦を経ていない上での内容なので、「浅い!」「エアプが!」「ちげーし、それ。」みたいなのあれば、ご指摘をお願いいたします。

本日はここまでです。コメント返信もしたかったのですが、時間がないので今回は返信無しとなりますスイマセン。大分日は空いてしまいますが、また次の記事を書けた時には、コメントも返信させて頂きたいと思っております。
それでは皆様、ごきげんよう